FC2ブログ

松本ドリル研究所・かずみ義幸さんの日記

漫画描いたりイラスト描いたり文章書いたりする松本ドリル研究所のお絵かき担当ながの~んとかかずみ義幸さんの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミケお疲れ様でした


参加者の皆様ありがとうございました
お疲れ様でした

当日はエロいじゃなくてえらい目に遭いました

まあせっかくなんで日記として長々と報告をば

朝起きてコンビニでご飯買って、車を運転しながらおにぎり食べて会場へ
そのとき残したおにぎりとは終了後に合うことになります。お昼食べてない……

8:20
今回売り子のお手伝いをしてくれるプリンプリンさん到着
当日、黄色い可愛い浴衣のお嬢さんが彼女です

8:50
う゛ぁなが遅刻で到着

9:00
会場に着いたらなんかそこらじゅーに自分の絵が張ってありますよ!
企業ブース側(いけなかった)は更に一杯張ってあったそうで。
もうなんか大興奮ですね

9:05
トイレに行ってから自分のスペースに
今回も前回に引き続きうれしいことに壁に配置されました、うはー壁だー

で、もー舞い上がって行ってみるとなんか机がありません
おもむろにスタッフによって持ってこられた机がひとつ。

「混雑が予想されますので、机を余分にお渡ししますからこちらの横に机を置いて対応してください」
とのごお達し。ははー謹んでお受け致します。ということで横にしましたが

「ここの扉(壁の)は開きます。列が出来た場合、外に流します」
とのはなしも…雲行きが怪しくなってきた…


さて準備っと思ったら大変です

机を横にしたらまるっきりスペースがありません! 図の通り。

机と同じスペースしかありませんよ!何とかやりくりして本を置いて
ポスターを並べてってぜんぜん本を補充するスペースがありません!
どーしよっかな~~???

でも開場 うは


すると瞬く間に目の前にすごい列が


ええ、うちの列じゃないですよ。ご近所のすごいサークルです。
その列がのびるのびるとぐろ巻く巻く、あっという間にご近所に人の壁。

そこにスタッフのうさ耳お姉さんが来て、その列をうちの前のさっき開いた
扉から流しますって。ええええ???

はい、案の定、予想の通り狭い通路の入り口に列が二つと、
外に出ようとする、または入ろうとする通行人で大混乱です。

叫ぶスタッフ、にらむ参加者、しかも困ったことにこの入り口、
混乱解決に列に並んでる人以外を通行禁止にするとか言うんです・・・・

ええええ???じゃあうちの本を買ってくれる方はどこから
うちに並べばいいのでしょう?って聞いてみたんですが

「わかりません、聞いてきます」

 うはー

とにかくここを通行止めにして外から廻って貰ってください!
看板を描いて、通行止めにして、……頑張れなすさん…
なんだかにらまれてます…そりゃそうですよね

「外に廻ってください。でもどこからこればいいのかはわかりません」



別に私のサークル、外周シャッターでもないのにシャッター出ないと
うちに買いに来れません。しかもどこから出ればいいかわからない
目の前に来ても宅が変わってるので近づけない…

あうあうあ~~

しかも!なんか人の列に押されてうちの列の方達が進めません。
あうあうあうあうあうあうあ~~

そんなこんなで皆様にはなかなかおいでになってもらえずに
また炎天下の中しばらくお待ち頂くことになって大変申し訳ありませんでした

本は猫のしっぽ様のお力により満足行く出来でした
ポスターの方は正直箱か何か付ければよかったなあと後悔しました

今度は箱とか模索してみます(まだやるのかw)


しかしいろんな人と出会え、とても楽しい一日でした
そのあとのビールがうまいうまいw

お声をかけてくれた方、ちょっと難しかった方、
イロイロ申し訳なかったりありがとうございましただったり
とにかくよい一日でした。皆様のことを想いつつまた次の本に頑張ります

よーしやりますよー
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

« 久しぶりにペンを握りました|Top|コミケ一日目 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://doriken2.blog130.fc2.com/tb.php/27-383d2b86

Top

HOME

DLサイトドットコム

イカすバンド天国


これが世界の歪みだ


この世界に神は居ない


長門○希本



TH2総集編


愛佳でイクの?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。